しゃむしゃむのリベルテ通信

NPO法人リベルテの日々を苔おじさんと呼ばれている代表がつづります。

ざわざわとする夜に

たぶん、寝た方が良いです。
うん。


横になる。
電気を消して。
カッカ(肉体的にも精神的にも)するようなら、ぬれタオルをまぶたの上に乗せて、クールダウン。
寝れないことに焦ると、起きてゴソゴソする理由を見つけたくなるから、「横になれているだけで、エブリシング・ビー・オールライト」と深呼吸して、頭の中を空っぽに、空っぽに、空っぽにと。

寝れない!どうしよ!どうにかしないと!よし!寝る理由や寝れない理由を探そう!は逆効果。
そのとき、あなたの眼はギランギランに輝いていることでしょう。
真夜中を照らす一等星のように。

暗くして、姿勢良く、意識的に情報をシャットダウンして横に1分なるだけで、だいぶ脳ミソはシャキッとするって、だれかが言ってました。
うん。
だれだっけ?
嘘だと思って試したら、仕事の休憩時間中に爆睡し、インターンの学生にヨダレ垂らして寝ているところを起こされたから、たぶん間違いないです。

でも、寝れない。
寝れないことは悪いことじゃないよ。
竹原ピストンだって、「何がどうしても眠っちゃいけない夜」のことを歌ってます。


ざわざわとする夜に。
暑い夜は、電気を消し冷えたぬれタオルを眼の上に乗せて3分間、明日は良いことありますように。

竹原ピストル / Forever Young ~LIVE ver.~