しゃむしゃむのリベルテ通信

NPO法人リベルテの日々を苔おじさんと呼ばれている代表がつづります。

リベルテ通信

「貴族王政」と「アッシリア帝国の自治」と「つくし」

メンバーの最越あるとさんから「質問していいですか?」と前置きがあり、「道徳の授業の点数化」と「貴族王政」について「どう思いますか?」と質問がありました。 その質問に、隣で絵を描いていたS.S.Gさんは、アッシリア帝国で起きた自治の話をしながら、…

しゃむしゃむ

リベルテの前を通学路にしていた小学生が転校し、久しく「苔おじさん」と久しく呼ばれてません。

分け隔てなくもの(コトノネ里見さんのお手紙を読み①)

リベルテではコトノネ軒先店として株式会社はたらくよろこびデザイン室が制作している『コトノネ』を毎号取り扱っています。kotonone.jp今号のテーマはこちら。 最新号のご案内 | コトノネ バックナンバーのご案内 「コトノネ」Vol.25 | コトノネメディア: …

大人と自由

何度か、このブログで書きましたが昨年、子どもが生まれ父になりました。 父と言う存在は、赤ちゃんにとって関係としては母のように生きるために必要な人ではなく、まあ曖昧なもので、たぶんいつもいる「おもちゃ」か「ゆうじん」のようなものだと感じます。…

日報20180204

ザワメキアートの長野県内の展示とその搬入出が終わりました。 審査員の皆さんの真剣な作品選出と、運営する実行委員会や事務局の方の並々なら熱意でとても、良い意味で問題提起も展示もクオリティが高い企画公募展となりました。

日報20180201

スタッフの募集を締め切りました。 募集記事の閲覧やシェアとありがとうございました! 昨年のイベント後からスタッフと面談を行い、今年の体制について、これからのことについて話をする機会を持ちました。 もうご存知の人もいるかもしれませんが、スタッフ…

日報20180104

毎年、この年の所信や所感をいろんなところで沢山の人が書いています。 自分の話をすれば、毎年はじめと、毎月はじめにも、夫婦で家族会議(ファミリーミーティング)をしていてそこで年間の目標と毎月のことを話し合います。 話し合いというとなんだか気難…

年末のご挨拶にかえて2017

本年も残すところあと僅かとなりました。 リベルテも(毎年のごとく)様々な出来事がありました。

シンポジウム「このまちで生きて、はたらくことを考える」の感想/土を耕し、タネを仕込み発酵させるために

シンポジウム終了しました。このまちで生きて、はたらくことを考えるシンポジウム このまちで生きて、はたらくことをかんがえる Good Job! Exhibition in Ueda

【前口上】このまちで生きて、はたらくことをかんがえる

リベルテの武捨です。 今回、Good Job! Exhibition in UEDAとしてGood Job!プロジェクトの一部を巡回する企画を計画しました。 その中で「このまちで生きて、はたらくことをかんがえる」というテーマでシンポジウムを行います。シンポジウム「このまちで生き…

ダイアリー20170809

リベルテも変わっていくよって話を書きましたが、例えばこのブログのタイトルもそろそろ変えないといけないかもしれない、と思っています。 kokeojisan.npo-liberte.org

「支援」っておせっかい(ダイアリー20170729)

障害福祉の仕事をしていて、「支援」って何だろうって思うことが多々あります。 自分とこを使ってくれているメンバーも、支援を求めているところあるし、求めていない部分もあります。 で、「障がいのある人に向けてサービスを提供する事業所」として、求め…

#RIPCHESTER (ダイアリー20170724)

未だに信じられない。

ダイアリー20170722

今日、土曜日は(思い出して日曜日の夜に書いているんだけど)沢山お客さんが来てくれました。

日報のような、日記のような(ダイアリー20170720)

日報というか日記形式でリベルテの日々のことなどを書いてみようかと思っています。 できるだけ毎日。 もちろん出来る範囲で。 そう思っても、何かこう特別なことをしなくちゃいけないんじゃないかっていう勝手な空気読まないと行けないようなインターネット…

信濃美術館整備委員会の地域連携専門委員会に参加しています!

本年度、平成33年に開館予定の新・信濃美術館の整備委員会の地域連携専門委員会としてリベルテより委員として参加しています。信濃美術館整備委員会 第1回地域連携専門委員会 信濃美術館整備委員会 第1回地域連携専門委員会/長野県

シェアのお礼と近況報告

4月から募集しフェイスブックやツイッターなどでイイねやシェア、実際に会った人などからも声かけていただいたり、沢山の方に応援していただいた求人ですが、無事スタッフの採用が決まりました。drive.media 募集に際してこんなにも沢山の方が応援して下さ…

ニーゼと光のアトリエ

映画『ニーゼと光のアトリエ』が上田映劇で5月13日〜25日に上映されます。 今回の上映でBOOKS & CAFE NABO.さんと一緒にリベルテもタイアップさせていただく機会をいただきました。

今日はスタジオライト開所式からちょうど4年経った日でした

今日はスタジオライト開所式からちょうど4年経った日でした。 長野県上田市柳町は良い天気でした。 4年前の今日、リベルテが運営する福祉サービスであり、もう1つのアトリエであり、地域の居場所でもある「スタジオライト」は開所式を行いました。

今日はスタジオライト開所式からちょうど4年経った日でした

今日はスタジオライト開所式からちょうど4年経った日でした。 長野県上田市柳町は良い天気でした。 4年前の今日、リベルテが運営する福祉サービスであり、もう1つのアトリエであり、地域の居場所でもある「スタジオライト」は開所式を行いました。

わけわかめ、だけど自由

たぶん年度末年始でリベルテのことを振り返りこれからのことを考える時期だったりするからなんだと思うけど、この時期になると「自由」について考えることが多くなります。 寒さに背が縮こまり目の前のことに追われがちな冬が過ぎ、春の陽気にさそわれて、「…

2017年度の「所信表明」

こんにちは。リベルテの武捨です。5年目の年を無事を迎えることができました。 これもひとえにメンバーやスタッフ、メンバーの家族、ファンの方、関係者の皆さまに応援していただいたおかげです。 本当にありがとうございます!

もうすぐ春ですね

(この記事はリベルテの運営する福祉事業所スタジオライトのメンバーに向けて発行してた記事に写真を加えて投稿しているものです。) こんにちは。リベルテの武捨です。もうすぐ春ですね。 おかげさまでリベルテも4月で、スタジオライトは5月に5年目を迎…

仕事納めと庚申講とリベルテ

リベルテもスタジオライトとギャラリーグリーンも年内最後の営業を終えました。 毎年恒例「つるかめ会」*1ではメンバーもスタッフも初のメンバーとの買い出しや準備やアンケートてんやわんやと一緒になって楽しみました。 *1:スタジオライト/リベルテの忘年…

メンバーの入選作品が展示されました!

フェイスブックなどではご紹介していましたが、今年は2名の方が作品公募展に入選しました。 ひとつは『ザワメキアート展 信州の障がいのある人の表現とアール・ブリュット』。 もうひとつはすみだ『北斎美術館 開館記念プロジェクト 全国障害者アート公募展…

あなたとぼくと、この場所で(企画に寄せながら、メンバーにも向け)

リベルテが主催としてトークイベントを行います。 福祉とアートの寄り道、井戸端トークイベント『あなたとぼくと、この場所で 福祉の現場から居場所について考える』 – 特定非営利活動法人リベルテ あなたとぼくと、この場所で 福祉の現場から居場所について…

だれがどう線をひくんだろう?(障害ってなんじゃらほい③)

ちょっと前に昨年から育ててるクレマチスの花が咲きました。 毎年この時期(3月〜6月)、リベルテの決算からと新年度の始まり、そして年度初めの各種報告書や手続きやらで頭のなかがジェットコースターのようにぐるぐるして、だいたい額の荒野も広がる時期を…

横になる人(障害ってなんじゃらほい②)

ほぼ毎朝晩と、仕事の始まりと終わりにスタッフは10分程度のミーティングをします。 その日のスタッフの動きとか予定を確認したり、ケアやプログラムなど簡単な打ち合わせをする時間があります。 基本的にぼくもスタッフから当日の動きやその日あったことを…

取り扱い注意

高田純次の適当日記を年のはじめに読みました。1年間の日記がほぼシモネタと嘘とギャグという、笑いながら読んだ後すぐさまその内容が頭から消えていくという、何も残らない・残さない本でした。 テキトー、本当にテキトー。 内容もどこまでが嘘でどこまで…

人相

こんにちは。 最近、年齢を言うとやっと「歳相応の顔」の反応が返ってくるようになった苔おじさんです。近所のパン屋さんにぼくの顔と歳のギャップを面白がってくれたキヨさんという人がいました。 リベルテを始めて間もない頃、沢山人が集まるそのお店では…