しゃむしゃむのリベルテ通信

NPO法人リベルテの日々を苔おじさんと呼ばれている代表がつづります。

日報20180612

ある施設に通うアーティストについての批評テキストをウェブ上で読みました。

作者・関係者・施設についても、そこで初めて知ることも多かったのですが、施設で「支援」によって描いている絵と、これまで描いてきた絵、評価された絵と評価されづらい絵、利用者と支援者、家族の関係と見えない社会のルールの中でレールが引かれているかもしれない人生について、考察したルポルタージュでした。
自身に引きつけて考えれば、そういうことはリベルテの福祉事業の中でもあり得ると思います。
福祉とアート、利用者にとっての福祉施設として意味と、作者として作品が評価されること、そしてそれに対する外からの価値付けが必ずも一致しないことって、往々にあるだろうし、批評の伴う舞台に上がっていくときに、誰がそれを望んでいるか、または(望まないか)ってことを考え、そして省みることはとても大事なことです。
いや、アートだけではないはず。
仕事や就労だって、施設の求めるものと利用者・メンバー・障害のある人の求めるものが、合致していれば幸せかもしれないけれど、どうしたってそこにはズレはある。
そこから次の歩を出すかどうか、出すとしたらどう出すのか、そのためにも。

続きを読む